FGOのリセマラ方法と当たりキャラ&ヘラクレスリセマラ実践

ライター:MKT

  • リセマラ効率:10分半でガチャ10回(記事作成時点)
  • 最高レア確率:1%
  • 通信量目安:853MB
  • リリース日:Android…2015/7/30・iPhone…2015/8/12

FGOのリセマラ方法

『Fate/Grand Order(FGO)』のリセマラ方法と当たりサーヴァントをまとめ、リセマラを実践しました。

データダウンロード(約4分半)が終わり利用規約に同意すると、会話イベントが始まります。

チュートリアル中の会話イベントはすべてスキップが可能で、[MENU]→[マイルーム]→[マテリアル]→[メインストーリーでの記録]から見返せます。

戦闘は全部で4回あり、指示通りに操作していれば負けることはありません。

チュートリアルバトル

1回目の戦闘後に性別の選択と名前の入力がありますが、これらは[MENU]→[マイルーム]→[マスタープロフィール]から変更が可能です。

3回目の戦闘後に聖晶石召喚(チュートリアル召喚)として10連が引けますが、☆4までしか出ません(※☆4のサーヴァントは1騎確定)。

チュートリアル10連ガチャ

ここでヘラクレス狙いのリセマラをするのもアリだと思います(ここまで約10分半)。

編成をし4回目の戦闘が終わると自由に動けるようになるので、[プレゼントボックス]から報酬を受け取ったら準備完了です。ここまで15分ほどでした。

記事作成時点で受け取れたガチャ関係のアイテムは以下の通りです。

  • 期限なし:聖晶石3個
  • 期限あり:なし

流石にこれだけでは少なすぎるというかたは、追加で約2分ほどかかってしまいますがもう1回だけガチャを引ける方法があります。

まず、[召喚]から「フレンドポイント召喚」を引けるだけ引きます(記事作成時点では無料10連が1回、フレンドP4,000を消費して10連が2回の計30回でした)。

フレンドポイント召喚

続いて、[ショップ]→[霊基変還(売却)]でマナプリズムが20個になるまでサーヴァントや概念礼装を売却します(※マナプリズムに変還できるのは☆3以上みたいです)。

マナプリズム集め

最後に、[ショップ]→[マナプリズムを交換]→[【期間限定】呼符]→[交換する]で呼符を入手すれば完了です。

呼符交換

時期によってはフレンドポイントが足りなくて満足にガチャが引けず、必要分のマナプリズムが集まらない場合もあるのでご注意ください。

単発ガチャが聖晶石3個、10連ガチャが聖晶石30個です。

10連の場合は☆4以上1枚確定に加え、☆3以上のサーヴァントが1騎確定という特徴があります。

ガチャではサーヴァントと概念礼装の両方が排出されますが、概念礼装はサーヴァントに装備させるものなのでリセマラではサーヴァントを優先的に狙うのがおすすめです。

アカウントキープと引き継ぎ方法

バックアップは、[MENU]→[マイルーム]→[引き継ぎナンバー発行]で行えます。

パスワードを入力し[登録する]で引き継ぎナンバーが発行されるので、[コピー]でメモするかスクショを撮って保存しておきましょう。

アカウントごとにナンバーを発行するタイプなので、複数のアカウントをキープすることも可能です。

データの復旧は、タイトル画面の[引き継ぎ]から行います。

引き継ぎナンバーとパスワードを入力し[ゲーム開始]で完了となりますが、引き継ぎを済ませると発行したナンバーは再利用できなくなるのでご注意ください。

復旧を済ませたのち、すぐにまた引き継ぎナンバーを発行することをおすすめします。

なお、異なるOS間で引き継いだ場合でも、聖晶石は有償無償問わずそのまま引き継げるようなのでご安心ください。

当たりサーヴァント

当たりサーヴァントは「諸葛孔明〔エルメロイⅡ世〕」と書いてあるサイトが多いですが、アタッカーがいないと火力不足に悩むことになるので、リセマラでの入手にこだわる必要はありません。

本気で1点狙いのリセマラをした方が良いのは、キャスターのスカサハが復刻した時ぐらい。

初期の素材だけでなんとかなり、育成のしやすさからいうと☆5の「アルトリア・ペンドラゴン」も当たりといって良さそうです。

基本的に自分好みの☆5を入手するか、☆5にこだわらないのであればチュートリアル10連でも入手できる☆4「ヘラクレス」で始めるのも十分にありです。

バーサーカーなので、全クラスからの被ダメージが増加して撃たれ弱いですが、絆レベル10で入手できる絆礼装の効果「ターン制限のないガッツ状態を3回付与」がとても有用です。

ガッツ状態というのはHPが0になっても数値分HPを回復して復活するというものなので、どんなに強力な宝具攻撃でもかならず3回耐えしのげます。

早めに使い始めて絆レベルを上げていく価値あり。

ガチャ演出

レア度は回転する光やカードの色によって判断できるようです。

ガチャ演出

  • 回転する光が虹色:☆5確定
  • 回転する光、カードの色が金色:☆4以上確定
  • 回転する光が青orカードの色が銀色:☆3以上確定

カードが出る前に生じる光の環が1本なら概念礼装、3本ならサーヴァントという判別も可能となっています。

ガチャ演出2

なお、カードが銀色でも確変により金色へと変わり☆5が出ることもあるようなので、最後まで諦めずに見守りましょう!

リセマラ実践

今回は、チュートリアルガチャの10連を利用して、☆4の「ヘラクレス」を狙ってリセマラしていきたいと思います。

ガチャを引ける回数と☆5の確率からすると下手に☆5を狙うより、絆礼装込みでかなり評価が高かったヘラクレスを狙ったほうが良いと判断したためです。

流石に確定で☆4が1騎出ますし、そう難しい作業ではないでしょう。

リセマラ12回目

正直なところ2、3回もやれば出るだろうなーと思っていたので結構苦戦しました(笑)

何故かはわかりませんが「シュヴァリエ・デオン」がかなりの確率で出るんですよ・・・。

一体いつになれば出るんだろうなと連打していたらようやくきたあああああああああああああああ!!!!!!!!

ヘラクレス

ヘラクレス!!!すごい迫力!!!!!

入手した段階ではスキル1しか使用できないので、早く全スキルを使用可能にして絆レベルも10まで上げる必要がありそうです。

ということで、目標としていた☆5のサーヴァントを無事引くことができたので、ここでリセマラを終了します!

当たりサーヴァントを使った感想

ヘラクレス

ヘラクレス宝具

バーサーカーの特徴として、ほとんどのクラスからのダメージが2倍ということもあってかなり打たれ弱いです。

通常の敵と戦っていてクリティカルを食らい、即死なんてこともあったほどです。

撃たれ弱い

未強化でもメインストーリーであれば序盤は問題なく戦えましたが、そういったリスクを避けるためにも早いところ強化してしまったほうが良いかもしれません。

また、強化をすることで通常攻撃はもちろんのこと、宝具によるダメージもかなり変わってきます。

レベルを23まで上げた状態で同じ敵に宝具を使ってみたところ、倍以上のダメージを与えられました。

ダメージ

ボス戦などでは特に大ダメージを与える必要があるので、そういう意味でも強化は必須といえるかもしれません。

なお、何回か戦闘をこなしてみて絆レベルが思っていた以上に上がらないこともわかりました。

ある程度戦えるまで戦力が整ったら、絆EXPが上昇する礼装を装備したり効率のいいクエストを周回したりして積極的に上げるべきでしょう。

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

↓次はこの記事

リセマラしやすいスマホゲームランキング

コラボ中のゲームアプリまとめ

シャチホコペのツイッター(ブログ更新情報・黒い砂漠モバイルとグラクロのつぶやき)