リンクスリングスのリセマラ方法と当たり武器&リセマラ実践

ライター:MKT

  • リセマラ効率:30秒でガチャ15回(記事作成時点)
  • 最高レア確率:8.2%
  • 通信量目安:376MB(初回のみ)
  • リリース日:2019/5/30

リンクスリングスのリセマラ方法

『リンクスリングス』のリセマラ方法と当たり武器をまとめ、リセマラを実践しました。

プレイヤー名(あとから変更可)を入力し利用規約、ゲームバランスの調整に同意すると基本操作に関するチュートリアルが始まります。

チュートリアル

初回ダウンロード(約1分半)中のオープニングムービーはスキップできますが、引き続きダウンロードは継続する仕様でした。

ダウンロード継続

なお、オープニングムービーはタイトル画面で暫く放置していると再び流れます。

一度バトルを経験したらキャラスカウトで「レリウス」をゲットし、ログインボーナスを貰って自由に動けるようになります。

レリウス

[チャレンジ]と[プレゼント]から報酬を受け取ったら準備完了です。ここまでで9分半ほどでした。

記事作成時点で受け取れたガチャ関係のアイテムは以下の通りです。

  • 期限なし:レジット200個
  • 期限あり:なし

なお、2回目からは[メニュー(右下の三本線)]→[オプション]→[ゲームデータ]→[ゲームデータ初期化]でかなり短縮することができます(約30秒でリセマラ可能)。

データ初期化

タイトルから冒頭は同じように進み、チュートリアルスキップを[OK]とすればあとはログインボーナスまで省略されました。

チュートリアルスキップ

ただし、この場合は[チャレンジ]の「俺が最強!(その1)」をクリアしたことになっていないので、[プレゼント]で報酬を受け取るだけで準備完了となります。

ガチャには「プレミアムガチャ」と「コインガチャ」の2種類がありますが、出る武器に格差があるということはなさそうです(左がプレミアムで右がコイン)。

「プレミアムガチャ」と「コインガチャ」

プレミアムガチャのほうは単発ガチャがレジット80個、10連ガチャがレジット800個です。

他方、コインガチャのほうは単発ガチャがコイン1,000枚、10連ガチャがコイン10,000枚となっています。

プレミアムガチャのほうは10連に限り☆4が1つ以上確定となっています。

アカウントキープと引き継ぎ方法

バックアップは、[メニュー(右下の三本線)]→[引き継ぎ]→[引き継ぎデータを登録]から行います。

[GameCenterと連携]と[IDとパスワードで登録]の2通りの方法がありますが、複数のアカウントでキープできる後者がおすすめです。

パスワードを入力して[パスワードを設定する]で完了となるので、IDとパスワードはメモを取るかスクショを撮るかして忘れないようにしましょう。

ただし、発行したパスワードの有効期限は24時間なので十分ご注意ください。

データの復旧は、タイトル画面の[データ引き継ぎ]から行います。

[IDとパスワードで引き継ぎ]でIDとパスワードを入力し、[この端末に引き継ぐ]で完了です。

パスワードを10回間違えると翌日0時まで再入力できなくなるのでご注意ください。

異なるOS間で引き継いだ場合でもレジット数は引き継がれるとのことですが、コインについては明示されていませんでした。

注意書がないので大丈夫だとは思いますが、不安だというかたはコインを使い切ってからの引き継ぎをおすすめします。

当たり武器

本作は使用するキャラを[キャラ]→[スカウトへ]で使えるようにして、ガチャで入手した武器を装備させるという特徴があります。

したがって、まず自分で使いたいキャラを決定した上で、そのキャラが使える☆4の武器を含む違う種類の☆4武器を4つ以上というのが当たりのようです。

4つ以上というのは、キャラの装備がメイン武器に1つと、他に補助武器として3つ枠があるからでしょう。

それぞれがメイン武器として装備できるのは以下の通りとなっています。

  • スピードタイプ:ナイフ、ナックル
  • パワータイプ:ソード、アックス
  • テクニックタイプ:弓、杖

キャラについては[キャラ]→[スカウトへ]→[ためしてみる]でどういった動きができるか確認することができます。

ためしてみる

自分が使いたいキャラを決める際の参考になると思うので、是非活用しましょう。

参考:5chリンクスリングススレ(最新スレの探し方

ガチャ演出

排出されるキューブの色でレア度が判断できるようです。

ガチャ演出

  • 虹色:☆4確定
  • 金色:☆3確定
  • 銀色:☆2確定

もっとも、銀色のキューブが虹色に変化するということもあったので、諦めずに最後まで見守りましょう!

ガチャ演出

リセマラ実践

今回は、ゲーム開始3日間のみ無料で1日1回まわせる「☆4武器確定の10連ガチャ」を1セットとし、当たりとされている☆4を4つ以上ねらってリセマラしていきます。

武器は4つとも種類が被らず、3タイプがそれぞれメインとできるものを1つずつが望ましいですね。

ちなみに、今回レジットやコインも使ってより多く回さないのは、リセマラ後のスカウトの事も考えると取っておいたほうがいいと判断したためです。

☆4の確率も高めですし、リセマラ1回あたりにかかる時間も短いのでそれでもいけるだろうと期待しているのですが果たして・・・。

リセマラ3回目。

2回目からのリセマラが未だかつてない速さでビックリです。

ゲームデータ初期化のおかげでかなりストレスなくリセマラができるため、外れてもつぎつぎ~と気軽にできるのが良いですね。

と、序盤の早い段階できたああああああああああ!!!!!

ガチャ結果

☆4の「フレースヴェルグ」、「ミスティブルーム」、「クリムゾンブロウ」、「ニ八式迅雷」と種類が被らずに出てくれました!!!

ここで終了でもいいかなーと思ったのですが、まだほんの数回だったのでとりあえずキープして更なる高みを目指してみます。

リセマラ101回目。

あれからMAXで☆4が3つという状況で、回数はかなり多い部類に入ったのに全く辛くない!笑

こうやってサクサクできるのは精神衛生上本当に素晴らしいですね・・・。

とありがたみを噛みしめていたら遂にきたああああああああああああああああ!!!!!!!!!!

ガチャ結果2

クリードセイバー

まずは「クリードセイバー」!!!

敵を倒すとATK(攻撃力)が上がるという特徴は厨二心をくすぐる素敵性能ですね。

ガンバンテイン

続いて「ガンバンテイン」!!!

タワー近くでATKが上がるので、攻守共に使えそうだなという印象です。

ニ八式迅雷

お次は「ニ八式迅雷」!!!

コネクトリンクがNICE以上だと20秒EN(エネルギー)消費を抑えられるので、積極的にコネクトしていきたいですね。

天叢雲剣

最後は「天叢雲剣」が2つ!!!

攻撃しながら回復できるという特徴があるので、上手く使えば長い間前線に居ることができそうです。

ご覧の通りです!いやー、上出来といっていいのではないでしょうか!!!

ガチャ結果3

全部ばらけるまで粘っても良かったのですが、1つは限界突破できるようにしておくというのもありでしょう。

ということで、1つ被りはしたものの目標だった☆4の武器が5つ手に入ったので、ここでリセマラを終了します!

当たり武器を使った感想

クリードセイバー

クリードセイバー

通常攻撃に関してはソードの特性からかちょっともっさりしているというか、大振りという感じでした。

スキルのシャイニングスラッシュも単体ではそこまでの威力はないですが、レリウスのATK上昇スキルと併用すると使い易くなります。

敵を倒してATKが上がるというアビリティは、バトルにおいては個人的にはそこまで重宝しませんでしたね。

ただし、それは私がひたすらタワーを作成したりコネクトしたりすることを重視していたからで、敵を倒すことを重視するのであればまた評価は変わってくると思います。

ガンバンテイン

ガンバンテイン

こちらも通常攻撃はクリードセイバーと同様に手数は少なめでしたが、遠距離攻撃できるという違いがありました。

スキルのバインドスローンはそこそこ広範囲に攻撃でき重宝したものの、敵のSPD(スピード)を下げるという効果がいまいち実感できませんでしたね。

ただ、上手く使えばバトルを優位に進められるのは間違いないので、キャラのスキルとの組み合わせでより真価を発揮すると思います。

タワー近くでATKが上昇するというアビリティに関してはそこまで体感できませんでしたが、私の戦闘スタイルがタワー作成・防衛なので相性は良かったはずです。

ニ八式迅雷

ニ八式迅雷

こちらは前の2つとは異なり、通常攻撃の手数が多く戦っていて爽快感がありました(その分一つ一つのダメージは少なめです)。

スキルの雷神壁は前方に壁を出す演出があるため防御系かとおもいきや、ただ攻撃するだけだったので最初はちょっと持て余しましたね(笑)

攻撃対象が前方に重なっている時に発動させれば効果的ですが、動きがあるバトル中にそのプレイができるようになるまではちょっと時間がかかるかもしれません。

NICE以上のコネクトリンクで20秒EN消費量が3%減少するというアビリティの効果はそこまで実感できませんでしたが、バトルに置いてEN消費を管理するのはかなり重要なのでかなり大きいと思います。

コネクトを積極的に狙っていく戦い方を好むのであれば、是非手に入れておきたい武器といえるでしょう。

天叢雲剣

天叢雲剣

通常攻撃に関してはクリードセイバーとタイプが同じということもあり、モーションも変わりませんでした。

スキルの天照は攻撃が当たればHPを回復するという特徴があるのですが、全回復するというわけではないのであくまでもちょっとした恩恵くらいに考えたほうがいいかもしれません。

とはいえ回復できるというのは付近にタワーが無かったり前線だったりする場合はかなり大きいので、強くなればなるほど重宝するだろうなという印象です。

HPが50%以下で受けるダメージが3.6%減少するというアビリティですが、序盤だとHPが半分になっている時点で敵のスキルによる一発KOの確率が高くなります。

防御力が高くなってようやく使えるアビリティといえるのではないでしょうか。

なお、限界突破させることでレベルが80までから85まで上げられるようになるみたいです。

限界突破

序盤は未強化でもなんとかなりましたが、それなりにレベルが上がってくるとどれだけ強化できるかで勝敗が分かれるといっても過言ではないでしょう。

リセマラで粘れるのであれば、1つくらいは限界突破の足掛かりとすべく同じ種類を取っておくのもありかもしれませんね。

©Sumzap, Inc.

↓次はこの記事

リセマラしやすいスマホゲームランキング

コラボ中のゲームアプリまとめ

シャチホコペのツイッター(ブログ更新情報・黒い砂漠モバイルとグラクロのつぶやき)