進撃の巨人タクティクスのリセマラ方法と当たりキャラ&リセマラ実践

ライター:かな。

  • リセマラ効率:10分でガチャ5回(記事作成時点)
  • 最高レア確率:2.5%
  • 通信量目安:1.09GB
  • リリース日:2019/4/18

ゲキタクのリセマラ方法

『進撃の巨人タクティクス(ゲキタク)』のリセマラ方法と当たりキャラをまとめ、リセマラを実践しました。

利用規約などに同意するとバトルチュートリアルが始まります。

バトル

エレンを場に出すとエピソードが始まり、その後名前入力へ。後から変更・重複可能となっています。

ちなみに合間に挟まれる会話は見直すことができません。エピソードはスキップ可能となっていますがこちらも見直すことが出来ませんので注意です。

見返せないイベント

基本的に画面に従って操作していきますが、プロローグのWAVE3以降は自分で操作していくことになります。深く考えずに場に出せるタイミングでガンガン配置していけばサクッと終わります。

プロローグWAVE3が終了するとチュートリアルガチャを引くことになりますが、ここのガチャは排出対象が制限されているものの☆5が排出されます。

チュートリアルガチャで出るキャラ

何度でも引き直しが可能なので特に理由がなければここでは☆5を狙っていきましょう。

4分ほどのデータダウンロードが始まりますが、この時に表示されるアンケートの回答を終えなければダウンロードが終わっても次の画面に移行しないので注意です。

第1章のエピソード再生(後から見直し可能)、第1章#1のクリア後、ミッションを確認して準備完了となります。ログボ等はホーム画面右上辺りにある[メッセージ]から受け取る事が出来ます。ここまで10分ほど掛かりました。

記事作成時点で受け取れたガチャ関係のアイテムは以下の通りです。

  • 期限なし:水晶42個
  • 期限あり:水晶100個

単発ガチャが水晶30個、10連ガチャが水晶300個です。

アカウントキープと引き継ぎ方法

バックアップは、[メニュー]→[サポート]→[データ引き継ぎ準備]から。

LINEかTwitterアカウントを使ってのバックアップとなりますので複数キープは現実的ではありません

データの復旧は、タイトル画面右下の[データ引き継ぎ]から。

OSを跨いだ引き継ぎも可能という記載しかないので異なるOS間の引き継ぎの際も水晶の引き継ぎがされると思われます。

当たりキャラ

ゲキタクの当たりキャラは☆5となっています。

中でもリヴァイはトップクラスの火力を誇り、タイマン性能が高いのでどのようなクエストでも活躍が見込めるのでこだわりが無ければリヴァイ狙いをおすすめしたいです。

他にも「訓練兵団タグを持つユニットの最大HPを40%アップ」というリーダースキルを持っているジャンは運用しやすいと思います。

これの調査兵団バージョンがオルオになりますが、ゲーム開始時の所持キャラを考えるとジャンの方が運用のしやすさでは上かと思います。

ジャンに関しては引き直しガチャのラインナップになっているので引き直しで狙えるというのもいいところです。

しかしながらキャラクター全てにきちんと使い道が存在しており、現状では一概に誰が1番必要ということはなさそうなので☆5キャラで好きなキャラが居ればそのキャラ狙いという形でも問題ないと思います。

参考:リセマラ当たりランキング(AppMedia)

ガチャ演出

ガチャ演出

巨人に斬り掛かった際の剣閃の色によって排出レアリティが確定します。

  • オレンジ:☆5確定
  • 青:☆4確定
  • 赤:☆3確定

ちなみに斬り掛かる直前にカットインが入ると☆5確定となるようです。

カットイン

リセマラ実践

今回は単発4回+引き直し1回の計5回をリセマラ1セットとして、リヴァイ1点狙いで頑張っていきたいと思います。チュートリアルの引き直しガチャに関しては単純に☆5狙いという形にします。

単発で頑張っていくことになるのも久々なので少々恐ろしいですが張り切って頑張っていきますのん!

これまでに通常ガチャにて☆5を拝んでる回数は2回と少ないので若干嫌な予感を抱きつつリセマラを始めること73回目!

さあさあ、そろそろリヴァイ兵長が出てきてくれてもいいと思うんですけどねー!

そして単発4回目……カットインでたぁぁぁぁこれは期待!!!!カットインのキャラが違う事があるのはなにか意味があるのかないのか……とにかく確定ということで、問題は誰が出るかー!

リヴァイ

……きったぁぁぁぁリヴァイゲット出来ましたうおっしゃー!

当たりキャラの項目でも触れましたがリヴァイはタイマン性能が高いということで、ボス戦の時なんかに場に出すことが出来ればかなり活躍してくれると思われます!

ただ1点残念な点を挙げるとすればリーダースキルが漆黒属性にしか乗らないので少々運用しにくいというところでしょうか。

リヴァイステータス

しかしながら本人に倍率が乗るので悩ましいところ!どういった感じで編成するのが良いのかは使ってみて確認したいと思いまーす!これにてリセマラ終了です!

ちなみに今回引いたチュートリアルガチャのキャラはジャンでした。

当たりキャラを使った感想

ダメージ検証を兼ねて使い心地を試しているので、全てのキャラレベル12で一章のBOSSを利用しています。なお、リーダースキルを略してLSと表記しています。

リヴァイ

リヴァイ攻撃

初動のダメージがあまり出ないものの、5回連続攻撃の際に徐々にダメージが上がるので流石のダメージを叩き出してくれます。初段は200くらいですが最終段は1750くらい。

LSを掛けてない状態でも一度の跳躍で合計4800くらい与えてくれます。他のキャラだと大体合計で1500くらい出してくれればいいところなので大分ダメージソースになってくれてるのが分かってもらえるかと。

ただ問題はLSのほうで、プレイしてみた感じ兵長1人で無双できるみたいな感じではないのでLSは他に回したほうが現状は良いかな?という感じではあります。

今後の登場キャラにもよるとは思いますが、リーダーというよりはメンバーとして運用していくのが良いかなと思います。

SPスキルは直線状にダメージを与える範囲攻撃になっています。

リヴァイSPスキル

直線状ということで、縦範囲は問題ない訳ですが横範囲が広いというわけではないので使い所を選びそうな予感がプンプンします。

表記的に小ダメージとのことですが、ダメージ自体は範囲攻撃ということを考えると申し分ないです。敵がちょうどよく直線状に並んでたら気持ちよく吹っ飛んでくれそうです。

が、せっかくの火力をムダにしないためにも範囲攻撃は他に任せて兵長本人は素の状態で場に出して殴ってもらった方がより性能を活かせるんじゃないかなと思います。

ジャン

ジャンステータス

ジャンの良いところはなんといっても「調査兵団」最大HP40%アップのリーダースキルですね。

HPは移動行動だけでもガンガン減っていくのでより1人のキャラが場に出ていられる時間に直結するわけなので、変に攻撃力を上げるよりも結果的にダメージ上げられる気がします。

本人に関しても場に出ている仲間の数に応じて攻撃力が上がるというSPスキルを持っているのでダメージソースとしても申し分ない感じです。

ジャンSPスキル

ガンガン場に出しまくれるというゲームでもないので最高火力を叩き出すというのは場合によっては難しい感じがしますが調査兵団で固められればLSも相まってSPスキルの恩恵が受けられやすいかなーといった感じ。

ちなみに同じ敵に対して試してみましたが通常650、100%アップで1250くらい、150%アップで1600くらいのダメージでした。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
©DeNA Developed by KAYAC

↓次はこの記事

リセマラしやすいスマホゲームランキング

コラボ中のゲームアプリまとめ

シャチホコペのツイッター(ブログ更新情報・黒い砂漠モバイルのつぶやき)