カジュアルスマホゲームアプリおすすめランキング2019

カジュアル系スマホゲームのおすすめランキングです。

1位 君の目的はボクを殺すこと3

君の目的はボクを殺すこと3のおすすめポイント

君の目的はボクを殺すこと3は、殺してほしいと頼んできた「魔神と名乗る猫」をひたすら倒していくという謎に満ちたストーリーが魅力です。

基本攻撃力アップ&スキル取得を行いながら無数にいる魔神の分身を撃破していき、勝てなくなったら時空再起動で過去に戻り、下僕を鍛えて新たなアーティファクトを装備して再び立ち向かいます。

下僕とアーティファクトの強さはそのまま保持されるので、過去に戻って強化するたびにどんどん先へ進めるようになる仕組みです。

ボク殺にはホーム画面がないので、魔神討伐中であっても好きなタイミングでアプリを終了して大丈夫なようになっています。

空き時間にちょろっとやるのにバッチリですし、ながらプレイもしやすい作りになってますよ。

2位 アビスリウム

アビスリウムのおすすめポイント

このゲームはサンゴ岩を成長させることで様々なサンゴや魚を生み出すことができ、少しずつにぎやかになっていく深海の様子にわくわくします。

配信当初は海の生き物だけでしたが、季節のイベントに合わせてファンタスティックな生き物も登場するようになりました。

深海の中を自由に泳ぐ生き物たちと幻想的なBGMが子守唄のようにやさしく心を包んでくれるでしょう。

好きなアングルで写真を撮影する機能がついており、キレイな色合いのゲーム画面は待ち受けにもぴったりです。

基本操作はサンゴ岩をタップするだけ。

タップすればするほどポイントがたまり、新しいサンゴや生き物をアクアリウムに放すことができます。

またタップ回数に応じてアイテムが手に入るため、「もう少し…」といつまでもタップしてしまいます。

非常にシンプルなシステムなので、お子さんの暇つぶしなどにもぴったりです。

3位 旅かえる

旅かえるのおすすめポイント

旅かえるは、かえるに旅をさせる放置タイプのゲームです。

かえるに名前をつけ、お弁当や持ち物をもたせると、かえるがどこかへ旅立ちます。

どこへ行くのか、どれくらいの時間旅に出るのかはかえる次第。

帰ってくるまでどこに行ってるのかな?と考えて待つ時間がとてもワクワクするんです!

帰ってくると、旅先でのお土産や写真をプレゼントしてくれます。[保存する]を選択すると、アルバムに写真が保存されるので後からでも見ることができますよ。

かえるの気まぐれな旅の記録を見ることができるスローライフゲームが、忙しくなりがちな現実世界にのんびりほのぼのとした時間を与えてくれますよ!

ガチャが存在しない代わりに福引券を集めて福引をすることができます。

お守り・お弁当として景品を持たせることができるので、レアな景品が当たったときはこれを持ってどこに行ってどんな写真を撮ってくるのかとワクワクします。

4位 ねこあつめ

ねこあつめのおすすめポイント

ねこあつめはゆったりとした空気を感じられるゲームです。

ちょっとした隙間時間にアプリを開きなんとなく眺めていられるのんびりゲームなので、何日までにイベントしなきゃ!という焦りは全くなく、プレッシャーはゼロ。

課金しなくても十分に遊べます。

チュートリアルを終わらせた時点で最初の煮干し(ご飯やおもちゃを入手するお金代わり)がもらえますし、おもちゃを手に入れてからは少しずつ猫が煮干しを置いて行ってくれますよ。

とにかくシンプルで可愛い。

好みは分かれるかもしれませんが、必要最低限のシンプルなイラストなのに味がある猫達。目は開いているか閉じているかの2パターンありますが、どちらも可愛いです。

個人的には線が太いところと足先のまるっこさと、マズルがちゃんと口元に小さくあるのがお気に入りです。

おすすめスマホゲームの総合ランキングはこちらから。

コラボアプリゲーム一覧(平日毎日2時間かけて更新中!)

シャチホコペのツイッター(ブログ更新情報・黒い砂漠モバイルのつぶやき)