テイルズオブザレイズのリセマラ方法と当たり魔境&リセマラ実践

『テイルズオブザレイズ(ザレイズ)』のリセマラ方法、当たりキャラ、ガチャ演出、引き継ぎ方法をまとめ、実際にヴィクトルのオーバーレイ魔鏡を狙ってリセマラを実践しました。

ライター:かな。

  • リセマラ時間:10分でガチャ10回
  • ガチャ確率(魔鏡):5%(公式)
  • 通信量目安:276MB
  • リリース日:iPhone&Android…2017/2/28

ザレイズのリセマラ方法

利用規約に同意するとスキップできないOPが流れます(Androidは戻るボタンでスキップ可能)。

タイトル画面で[ゲームを始める]を選択し、Wi-Fiで2分ほどのダウンロードが終わるとチュートリアルバトルへと移行します。

チュートリアルバトル

指示に従ってバトルの基本的な動きを学びます。画面左が移動、右が攻撃等を担っています。

後から再度行えるので、リセマラ中は右上の[このチュートリアルをスキップ]からスキップしましょう。

ストーリーもすべてあとから見直せるので、右上の[スキップ]からガンガン飛ばしてしまってOK。

スキップ後は再度バトルへと移行します。

このバトルはMG(魔鏡技を撃つために必要なゲージ)を貯めて魔鏡技を撃つことで終了するので、術技ジャスト入力でMGをガンガン貯めていきましょう。

ジャスト入力成功時は黄色、失敗時は赤になります。タイミングは実際にやって覚えるしかありません。

MGが貯まりきるとまず相手の魔鏡技が発動し、こちらがカウンターで撃って終了となります。

名前は重複可能、後から変更できるので[おまかせ]でサクッと決めて進んでしまいましょう。

ストーリー1つ、ムービー1つ(後から見直せる)を終えると2回目のデータダウンロードがあります。

Wi-Fiで1分程で、ダウンロード完了後右上に出る[ゲームを始める]をタップすれば次に進めますが、ここで流れている独白は後から見直すことが出来ません

独白

ストーリーをより楽しみたいという方は最後まで見ておくのが良いかと思います。

装備の仕方等のチュートリアルをこなしていきます。

これ以降に挿入されるミリーナ、ガロウズの台詞は後から見直せません。ボイス付きとなっているので初回はゆっくり聞いても良いかもしれません。

ラクス山道のチュートリアルも、最初のバトルチュートリアルと同じく右上からスキップ可能です。こちらも後から行えます。

ラクス山道のチュートリアル

チュートリアルガチャから出るのはイクスの装備だけです。☆3~魔鏡まで排出されますが確率内訳は不明です。

ホームに戻りログボ等を受け取ったら画面左にある[プレゼントマーク]から[一括受取]で準備完了です。ここまで10分ほど掛かりました。

  • 公式TwitterRTキャンペーン:ダイヤ50個
  • スタートダッシュ応援ログボ:ビバ☆チケット、ダイヤ20個
  • 事前登録特典:ダイヤ40個
  • 新章事前登録キャンペーン:ダイヤ50個
  • チュートリアル突破報酬:ダイヤ20個
  • お詫び、ログボ等:ダイヤ数個

この他にパネルミッションの装備強化を達成することでダイヤ10個、ビバ☆チケットを使い魔鏡を獲得することでキャラクターが覚醒するのでダイヤ5個(ミッションから受取の必要あり)を獲得できます。

ガシャは1回につきダイヤ20個、10連は200個必要で、10連は☆4が1つ確定となっています。

単発の初回半額、10連の☆5確定やおまけは有償石のみの特典です。

恒常ガシャである「シナリオガシャ」は、それぞれ初回のみ10連が通常の半額で回すことが出来ます。数を確保したい場合はこれらを回すと良いかもしれません。

また、魔鏡の排出率が合計5%というのは基本的に固定ですが、内訳はガシャ毎に異なります。リセマラ目標の排出率は確認しておくと良いと思います。

当たりキャラ

レイズの当たりですが、魔鏡となっています。極論を言えば極端に弱いというキャラは居ない為、モチベーションに繋がると思うので好きなキャラで始めるのが1番良いと思います。

単純な性能面でのオススメを挙げますが、主人公である「イクス/コーキス」の魔鏡や、ヒロインである「ミリーナ」の魔鏡はリセマラでは当たりと言って良いでしょう。

どのクエストでもステータスに1.5倍の補正が掛かります。

しかしながらレイズのゲーム性としては☆3~5の装備も大切になってくるので、魔鏡1枚を当てたからと言ってゴールとは言いにくいものとなっています。

リセマラ中は装備のできる装備が運悪く出ないということはそうないとは思いますが、最低限目当てのキャラの魔鏡+対応したいくつかの装備を揃えることが最低限の条件といえるかと思います。

※一応☆4までの装備は追々交換出来ます。

また、装備の良し悪しはレアリティではなく使い勝手が良いかどうかに左右されます。

例えば近接タイプのキャラであれば「すり抜け攻撃」「無敵付き突進攻撃」や強化によって「鋼体削り」が付与出来るかどうか。

回復可能キャラであれば「広範囲回復」が出来るかどうか等。特に「ナース」は画面全体回復となっているのでナース持ちは優秀な回復役となります。

魔鏡は特別な効果が付いていたり(麻痺付与等)、必要MGの量が少ないもの、全体攻撃が可能なものが使いやすいかと思います。

個人的具体名を言えば、上記で挙げた「イクス/コーキス」「ミリーナ」外であれば「スタン」が比較的良い術技が揃っていることに加え、CPU操作であっても頼りになります。

他には「ミトス」はボス性能となっており味方からの回復不可ではありますが、かなりポテンシャルが高いので間違いなくオススメしたいキャラです。

イベ限を含めると「アスベル」や「ミント」はかなり使いやすい性能をしているので対象ガチャを開催中であれば特にこだわりが無ければこの2キャラを狙うことのもいいと思います。

また、オーバーレイ魔鏡というものが実装されているキャラも存在しており、威力が高い他に本人や敵に特殊なバフ/デバフ効果が付与されるような物もあります。

オーバーレイ魔鏡は素直に強いのでこちらを狙うのもオススメです。

補足になりますが、レイズでは殆どのキャラがストーリーを進行させていくことで仲間にすることが出来ます。また、そのキャラの鏡装(☆5)、魔鏡を取得することで仲間になります。

中には上でも触れましたがイベントでの参戦キャラも存在しています。

これについてはイベント開催後に復刻開催されることもありますし、過去に復刻開催されたものは任意のタイミングで行うことが出来るシステムも存在しています。

その復刻の為のアイテムは基本的に課金アイテムとなっていますが時期によっては配布されていることもあります。イベント参戦キャラが目当てという場合は復刻可能かどうかチェック必須です。

ガチャ演出

ガチャ演出

最初に弾ける玉の色で最低レアリティが決まります。その後に展開される玉の色で更に最低レアリティが確定されます。

  • 虹:魔鏡確定
  • 赤:鏡装以上
  • 金:☆4以上
  • 青:☆3以上

カード状に形を成した後、ヒビが入ると昇格で、どの段階まで昇格するかは割れてからでないと分かりません。☆3→☆5もあれば☆4→鏡装というパターンもあります。

発展演出

尚、スキップした場合には鏡装以上の演出のみスキップされずに挿入されます。☆4以下の装備はある程度気にしないという場合はスキップしてしまった方が時短にはなるかと思います。

リセマラ実践

今回は10連にて新規キャラである「ヴィクトル」のオーバーレイ魔鏡狙いで頑張っていきたいと思います!

武器に関しては最悪追々交換しようと思っているので、より確保が難しいオーバーレイ魔鏡1点狙いという感じで、鏡装がついでに出てくれたら尚いいな!という感じ。

魔鏡確定チケットはイクス、ミリーナ、ユーリの何れかが出てくれたら嬉しい所ですねー!という感じで早速行ってまいりましょう!

と、リセマラ頑張る事58回目。

コーキスのオーバーレイ魔鏡

まさかのコーキスのオーバーレイ魔鏡ゲット。実は2回目なのですが1番確率が低いところが出るのに1番確率が高いところが出ない、これが物欲センサーか。

以前のオーバーレイ復刻は0.1%とかそのくらいの確率だったような気がしないでもないですが今回からなのか今回だけなのか、0.5%と少し高めに設定されてるのが原因なんでしょうか……。

と、気を取り直して72回目!無事虹玉も確認出来て一先ず安心、台詞で分かっちゃうだけにドッキドキですが果たして……

セリフ

……うっしゃきったあああああああああああああ!

ヴィクトルのオーバーレイ魔鏡

ヴィクトルの通常魔境も同じ1%の確率で出てくるので台詞が出たものの、お?お??と思いましたが無事オーバーレイ魔鏡「選んだ道」が出てきてくれました!

ヴィクトルのオーバーレイ魔鏡の性能はと言うと、最大強化前提ですが「36秒間、敵の術を打ち消す」というもの。魔法使い系に無双出来る性能になってます!

以前ルドガーのオーバーレイで実装された性能と同じものですが、キャラ性能がボスキャラ枠(基本的に回復が不可能)となっているので使い勝手がルドガーに劣るかもしれないとか、そこら辺が少し不安……ですが、ヴィクトル好きなのでそこはキャラ愛でカバーしていきたい(笑)

ちなみに確定チケで出てくれたのはミリーナの「鏡占術」だったのでよしよし!!ということで、リセマラ終了したいと思いまっす!

ヴィクトルを実際に使った感想

ヴィクトルを使った感想

率直な感想、絶対こういうの1人いたら便利だよね、とかそういう感じです。

まずボスキャラ枠ということで味方からの回復を受けられない訳ですが、その代わりにHPの初期値が高めに設定されているのでとりあえず変なことさえしなければ倒れにくいキャラとなっています。

移動速度は普通に早い方かと思いますが、まさかの通常攻撃は遠距離タイプ。比較的距離を取った位置から攻撃を開始し、徐々に近づいていきます。

攻撃しに行ったと思ったらいきなり足を止めた、だと!?みたいなレベルなので初見はちょっとびっくりしました(笑)

近接術技もちゃんとありますし、中には一気に距離を詰めるものもあります。他は自身への鋼体付与、相手の鋼体破壊というラインナップ。

ヴォルテックチェイサー

銃系の術技が距離をとりながら撒いていく感じなので基本的には距離を一気に詰めて鋼体付与や鋼体破壊を行いつつ、最後には飛び退きながらもダメージを稼ぐというようなヒット&アウェイな感じかも。

ディフィシエントヒストリア

魔鏡についてですが、先述していた通り強化前提ではありますが魔法使いを無力化してしまえるという特殊効果が付いています。威力も高い設定となっているので、言わずもがな必要MG180と重いです(基本は100)。

自分で操作しつつMGを貯めないとそう簡単には溜まってくれない感じです。ですが、威力はもちろんのこと、やはり魔法の無力化はかなーり強いです。一方的にボコボコにできてしまう敵もいるレベル。

ただし威力ゆえか効果ゆえか攻撃範囲が広いように見えて魔境技自体は巻き込むには巻き込むものの、基本的に単体へのダメージしか与えられないようでした。ちょっと残念ではありますが性能考えるとまぁ、十分ですよね。

最初のキャラとしての選択としてはヴィクトルが好きであれば狙うべき。そうじゃないなら最初のキャラとしては無理に狙う必要は感じないものの、居たら絶対便利ですよと言っておきます。

アカウントのキープ・引き継ぎ

キープは、[メニュー]→[引き継ぎ設定]からになりますが、バンダイナムコIDが必要になります。1つのIDに対して保存できるのは1度だけとなっており、複数のキープは現実的ではありません。

データの復旧は、初回起動時にでる「ゲームスタート」のポップアップにて[データを引き継ぐ]を選択する必要があります。

鏡晶石(有償石)については異なるOS間でデータ以降を行った場合は消滅します。ダイヤ(無償石)については特に記載がありませんが、無料配布分を含むと書いてあるので恐らく消滅すると思われます。

©いのまたむつみ
©藤島康介
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

↓次はこの記事

リセマラしやすいスマホゲームランキング

コラボ中のゲームアプリまとめ

シャチホコペのツイッター(ブログ更新情報・黒い砂漠モバイルとグラクロのつぶやき)